MENU

ルプルプの口コミと評判について

ルプルプのカラートリートメントが人気のようですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

年齢と共に出やすくなってくる様々な加齢トラブルに悩んでいる女性は少なくありません。特に頭髪の加齢トラブルは老けた印象を周りに与えやすいので、専用の頭髪ケアアイテムなどを利用してお手入れをしていく必要があるといわれています。

 

頭髪の加齢トラブルの中でも特に目立ちやすいのが、少しずつ増えていく白髪です。白髪を放置しても健康面では特に問題がないですが、やはり今まで黒々としていた髪が白っぽくなってきてしまうと老けた印象になってしまいますし、白髪の本数が増えてくると色味がまだらになってしまうので、美しくありません。

 

白髪を綺麗にカラーリングする方法としては、市販されている白髪染めを利用したり美容室でカラーリングをする方法がありますが、どちらも定期的に行わなくてはいけないので面倒に感じる方も多いですし、白髪染めの成分が刺激となってしまい頭皮のトラブルを起こしてしまう方もいらっしゃいます。

 

そこで頭皮にも頭髪にもダメージを与えずに、無理なく続けていけるカラーリング方法として人気になっているのが、ルプルプのヘアカラートリートメントです。トリートメントタイプなので毎日のバスタイムに気軽に利用する事が出来るメリットがあります。

 

自分では『若いから!』と思っていても白髪は出てきます!

 

トリートメントなのに白髪染めも!

 

ルプルプのカラートリートメントはトリートメントなのに白髪染めも兼ねている人気の商品です。

 

ルプルプは育毛剤にも力を入れているメーカーの白髪用のヘアカラートリートメントで、徐々に染めていくタイプの商品です。最大の特徴は遺伝子工学研究のタカラバイオと株式会社J,コンテンツとの共同開発の商品で、ダメージがゼロの髪と頭皮に良い成分で刺激がいっさい無い口コミでも評判の高い商品です。

 

髪や頭皮に良いといわれる染めるトリートメントはなかなか染まりにくいという欠点がありますが、ルプルプは2〜3回でヘアカラーとなんら遜色ないところも評判の高さにつながっています。一度使った人のリピート率が高く、ルプルプの評判の高い理由は配合されている成分にもあります。

 

使用方法は普段使用しているトリートメントと同じで、シャンプーで洗髪をした後に軽く髪の水気を取ってからルプルプのカラートリートメントを白髪が目立つ部位を中心にしっかり塗布します。

 

まんべんなく塗り終わったらそのままラップなどでくるみ、放置しておくだけでカラートリートメントの成分が髪に浸透して綺麗にカラーリングをしてくれる特徴があります。

 

毎日続ける事で白髪が目立つことが殆どなくなりますし、何より植物由来の天然染料で作られているので、使用するたびに髪が綺麗になる点が口コミ情報サイトでも高い評判になっている人気の美容アイテムなのです。

 

ルプルプのカラートリートメントは、ソフトブラック、ダークブラウン、ブラウンの三色を展開しており、自分の髪色に合わせて色味を選択することが出来るようになっています。酸性のカラーリング剤に比べるとしっかり染めるという仕上がりにはなりませんが、頭皮と頭髪に優しい成分でカラーリングをしてみたいという方に特に支持されています。

 

ただ植物由来の天然染料を利用されていますが、人によっては肌に合わず、かぶれてしまう場合もありますので、事前にパッチテストを行っておくことが大切です。

ルプルプの成分と特徴

カゴメ昆布(フコイダン)

カゴメ昆布のフコイダンは、体内のFGF−7を増殖させるためAGA(男性型脱毛症)をはじめ多方面から注目の成分です。薄毛の原因はFGF−の不足と判明して、正しいヘアサイクルを維持するためにかかせない髪の成長因子です。FGF−7が不足すると太くたくましい毛に育つ前に抜け落ちてしまい薄毛になるといわれていますそんなFGF−7の増殖作用はなんと450%という驚異の数字です。

 

タカラバイオとの共同開発

カゴメ昆布を髪と地肌により浸透するようにパワーアップした開発商品がルプルプです。髪にハリ、コシを与える成分にカゴメエキスの他ポリ−r−グルタミン酸、アルギン酸、グリシンで髪の表面のキューティクルを保護する成分にキトサン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、結晶セルロースなどが配合されています。また育毛の血行促進と頭皮環境改善にカゴメエキスの他ヒアルロン酸、システィンなどがあります。

 

オリジナル成分ルプルプWフコイダン

オリジナルWフコイダンとは低分子フコイダンが毛穴の奥まで浸透させて、高分子フコイダンが地肌に潤いを与えて幕を張り地肌の修復をサポートします。

 

7つのこだわり

頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料のベニバナ、クチナシ、藍の葉や茎などを使用して、動物性原料をいっさい使用していません。髪と頭皮と同じ弱酸性で余分な皮脂や汚れだけを落とします。無香料、無着色、石油系の成分である鉱物油はいっさい使用していません。アレルギー、パッチテスト済みの安心の商品です。
そんなトリートメントタイプの白髪染め染料の中では、色の入り方、色落ちの度合い、髪の補修力、コストパフォーマンスいずれの評価も高くダントツの一位です。美容成分94%配合で素手で使っても、洗面台についてしまっても簡単に落とせる使用中のストレスのない白髪染め染料です。

白髪の原因

白髪になる原因として挙げられるのはメラニン色素の不足・過酸化水素の蓄積・成長ホルモン不足の3種類が挙げられています。原因となるすべてが明らかになっているわけではありませんが、いくつかの原因がはっきりと解明されたことによって対策法については以前よりも確立されてきています。

 

生まれたばかりの産毛については、メラニンがまだ沈着していないため色は黒くなっていません。髪の毛が伸びていくにしたがって、髪の色も黒くなるというのが通常となっています。

 

白髪対策に一般的によく用いられるのがトリートメントを使うという方法です。

 

白髪染めのトリートメントの特徴としては、一度毛髪に染めると半永久的に染めることができます。染料を毛髪内部に染みこませ色付けするという仕組みです。色持ちについては約1週間から長くて1ヶ月程度持続します。

 

メリットとしては、永久染毛剤よりも髪や頭皮への負担が少ないという点にあります。また、色落ちは一定期間経過するとしますが繰り返して使うたびに徐々に染まっていくという特徴も持っています。それから染色力についても大きいという点もメリットといえます。

 

オススメの白髪染め用のトリートメント商品としてはいくつかありますが、ルプルプのほかにも、「昆布と馬油のヘアカラートリートメント」と呼ばれる商品が人気があります。この商品の特徴としては植物を原料とした染料にクチナシ黄・ウコンエキス・ムラサキ根エキスなどを配合しており、その結果として髪に染めやすくしているという特徴があります。昆布と馬油も配合しており、髪に艶を出したり手触り感がよくなるという効果も大きく期待できる点も魅力といえます。使用時間については短めで済みます。

 

効果には個人差こそあるものの、効果をすぐに実感することも可能となっている点も人気商品といわれる理由の一つです。

 

 「ふんわり仕上がるカラートリートメント」と呼ばれる商品も人気があります。成分の中に天然利尻昆布エキスを配合していることを特徴としています。この利尻昆布エキスの力によって、傷んだ髪を修復しながら染め上げてくれます。髪に優しいことが人気で、中年以降の世代によく愛用されています。

 

価格については、単品で1千台から高くても2千円前後となっています。値段的にはそこまでするわけではありません。

 

市販で販売されている商品もありますが、通販で販売されている商品が多めです。いずれの商品もリーズナブルな価格で購入できて、使った後に自然な仕上がりになりますので安心して利用することができます。

 

 

 

 

 

リンク集